早起きで病院に行きましたが白血球が少なく治療が出来ませんでした。   



  今日も早起きをして病院に行きましたが

  採血の結果、白血球が少なく治療が出来ず白血球を増やす

  注射をして帰って来ましたが

  明日も病院に行き注射をして来ます。

  
  今日はレントゲンも撮りましたが、その結果、また癌が増えているような

  私の 採血の検査詳細情報は何時も53~4まで有ります。

  今回は54有りましたが先生の話では白血球が少ないだけで

  後は良いですよと言われました。

  血糖値も標準枠に入っているので心配もないし 

  ただ採血が終わると体温と血圧を計るのですが

  私は低体温の低血圧なので体温は低すぎて看護師さんから

  もう一度、計りなおして下さいと言われることが多いので

  困ります。 

  もう癌告知を受け治療始めて二年に成りました。

  もう癌が幾つ増えても気にしない

  だって気にしても消えないのだから。



 そうそう、昨夜、息子が来て「お母さん、地震どうだった?」と聞かれ

 たので「トイレの鍵が閉まって開かなくなりノブを外して直したけれど

 大変だったんだよ」と直した事を少し得意げに話したのです。

 私は息子から「大変だったね」とか言う言葉が、かえって来ると

 思って居たのに,かえってきた言葉は

 「おかあさん、外したりすると後、変なに、なるから外したら駄目だよ

 トイレは家の中だから普通は鍵が閉まっても外から開けれれるように

 なっているのだよ、ドライバー貸して」と言って鍵穴差し回しただけで

 直ぐに開き「こうすれば開くのだから覚えておいてね」と

 言われてしまった。

 知らなかった~    得意顔も、ぺちゃんこに、つぶれた~

 でも、ひとつ利口に成った。



応援よろしくお願いします。 



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
[PR]

# by torai219f | 2015-06-05 00:08 | Comments(31)

明日は病院ですが新たに出来た癌の進行が気に成ります。   

今日は晴れていたら友人とアジサイを見に行くつもりでしたが

 朝から雨が降って、います。

 雨に濡れたアジサイは一段と映え好きなのですが

 ヤマアジサイで道も狭く、その上多少、坂道に成っているので

 滑りやすく転ぶと大変なので中止にしました。


 明日は抗癌剤治療とレントゲン検査で八時半までに病院に

 行かなくては、なりません。

 レントゲン検査は新しく出来た癌の成長過程を見る為だと思います。

 予約時間に間に合わせる為には早起きをしなくては、ならない

 のですが寝る時間は遅く早起きなので結構、辛いです。

 夕方になったら忘れないように又、タクシーの予約をしないと

 ダメなのです。

 本当はバス利用で行けば良いのですが混雑と時間的に合わないので

 早朝の予約は、どうしてもタクシーを頼むしか、ないのです。


 明日も採血の結果が出ないと治療が出来るか、どうかは分かりませんが

 何となく体力が落ちて、いる感じがして白血球が少なく治療が出来ない

 ような感じがします。

 以前は副作用が辛くて治療が出来ないと喜んでいましたが

 今は以前のような強烈な副作用で、ない事と

 先生も信頼でき治療室の看護師さんんも優しいので落ち着いて

 治療を受けられるので、今は、やるきで頑張っているだけに

 出来ないと残念だと思うように成りました。

 そう思えるのは

 元気で歩ける,何でも美味しく食べられる、そして笑える

 それに化粧して着替えをして気兼ねなく外出、出来る事が

 幸せだと感じるから前向きに成れるのです。

 私を見て友人達からも病人とは思えないと言われます。

 
 こんな状態であっても元気でいられるのは丈夫な身体に

 産んでくれた母のお蔭だと感謝しています。

 

c0209377_15345763.jpg
 

c0209377_15333669.jpg
 
     昨年,芽を出した鬼灯も大きくなりました。

            
応援よろしくお願いします。  

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  
 
[PR]

# by torai219f | 2015-06-03 15:42 | Comments(2)

親が知らない小さな子供の行動・   


昨日は友人が見えたので昼食を済ませてから、

 まだ咲いているバラを見ながら買い物に行って来ました。

 もうアジサイも咲き始め大好きなザクロの花も咲き始めていました。


 昨日行ったスーパーでの出来事です。

 天麩羅やフライなどが並んでいるコーナーに五歳くらいの男の子が

 走って来てメンチカツを、ちぎって食べようとしたのです。

 その場にいたのは私達だけで、その子供の行動に 驚き

 私達は、ダメダメと言ったら慌てて逃げて行きましたが

 何しろ小さい子供なのにアッと思うような素早い事

 何時も親と離れた時にやっているような感じがしました。

 小さな子供の指なので少し位、取れていても気が付かず

 買うと思うのですが、もし私達が何も言わなかったら

 その子は、どれだけ食べたのでしょうね。 


 私達は買うつもりで、そこに、いたのですが、その子供の行動を見たら

 もう、このお店では揚げ物は買えないと思いましたね。

 親に言う分けにも行かず、かと言ってレジの人にも言えず帰って来ましたが

 子供の為には親に話した方が良かったのかとも思いましたが

 
 もう大分、前の事ですが小さな子供がパック詰めの生物に指で穴を

 開けていたので優しく注意をした事が有りました。

 それを少し離れた場所に、いた母親が子供に言った言葉が

 「おばさんに怒られるから」と言ったのですが

 それでは私が何も言わなかったら、やっても良いのかと思いました。

 なぜ、これは悪い事で、してはいけないと言う事を話して上げないのかと

 腹立たしさを感じた事が有ったのです。
 
  
 
 

 最近、他店でも、よく見かけるのですが試食販売をしていると、小さな子供が

 親と離れて何度も試食する姿を見ます。

 パンなどを試食用に出ていると何度でも取りに来て食べている子供達

 子供だけが何度も食べに来るので試食販売をしている方が

 「お母さんと来てね」と言っていた事も有りましたが

 小さな子供が、ひとりで来て何度も試食する姿を見ると、いじましく感じます。

 親は子供が、そんな事をしているとは思って居ないのでしょうね。

 子供に対する、しつけも時代を感じます。

 でも若い、お母さんが、きちんと、しつけている姿を見ると

 応援してあげたくなります。



応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
[PR]

# by torai219f | 2015-06-02 23:50 | Comments(0)

買い過ぎて重くて後悔しながら帰って来ます。   

 昨日は近くのスーパーへ買い物に出掛けたのですが

 行く時は身軽でしたが帰りは重くて、何で、こんなに買ってしまったのだろうと

 後悔しながら帰って来ました。

 途中にバス停が有り、そこでバスも止まったので乗って帰って来ようかと

 思ったのですが一停留所で、それほど遠くないので

 何だか乗るのが恥ずかしい感じがして

 見栄はるさんで重い荷物を肩に掛け帰って来ました。

 店内でもカートを引いて買っているわけではないですが

 店内を歩くだけなので然程重く感じないのです。

 家に着いてから重さを計りましたら三キロ有りました。

 私は何時も小さなリュックを背負って居るのですが重さは約二k有ります

 傘を入れると更に重くなります。

 ですから合計五キロですよね。

 癌に成る前でしたら体重も有り体力も有りましたが一時は七Kも落ち

 頑張って食べた効果も出て二k増え現状維持で、いますが

 買い過ぎは駄目ですね。
 
 


 重すぎる買い物は子供達と行く時だけにと決めていたのに

 今日も出掛け思い買い物をしてしまいました。

 食料品は重いですよね。

 今日は少し離れたお店に出掛けましたがバス利用が出来たので

 良かったのですが

 最近は散歩がてらが無駄買いが多く成っているようです。

 これからは散歩のコースを変えないと駄目ですね。

 困った者です。



 応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
[PR]

# by torai219f | 2015-05-31 23:29 | Comments(2)

がん告知から六月が来ると三年目に入ります。   


 又、地震です。

 私の住んでいる所は震度3でしたが

 ソファーとか椅子に座っていると僅かな揺れでも感じるので
 
 

 大きく揺れる前に分かります。

 今の地震も一度揺れて終わったかと思った数十秒後に震度3が来たのです。

 玄関にはガラスの飾り物が多いので又、地震が来て割れると

 片付けが大変なので下に下ろして来ました。

 地震は怖いです。


 最近、癌で亡くなった芸能人の方の話題から癌に関する話題が

 多く成った気がします。

 癌は本当に怖い病気だし特に痛みを感じないだけに

 何か変わった症状が出て検査した時は末期症状と言う事が

 多いようです。

 私は六月になると癌と告知されてから三年目に入ります。

 告知された時、私は先生に治療をしなかったら

 どれだけ生きられるか伺いましたら

 先生は一年は大丈夫だと思いますが、其の後は

 分からないと言われた事を覚えています。

 初めての治療で強烈な副作用で、こんな辛い思いをするくらいなら

 死んだ方が良いと子供達を困らせワンクールが終わってから

 治療を止めた事も有りました。

 でも先生や子供達の勧めも有り再び治療を始めました。

 今、思えば、こうして生きていられるのは治療をしている事

 そして初期症状だった事が良かったのだと思って居ます。

 癌の末期は本当に苦しく辛いようです。

 私が入院していた部屋に友人の友達と同室でしたが

 手遅れ状態のようで、ただ痛みを抑えるだけの治療のようでした。

 入退院を繰り返していましたが本人も手遅れと言う事を感じて

 いたようで入退院を止めて家で治療をしていると聞きましたが

 その後の状態は分かりません。

 私が気力で頑張っているのは苦しむのは辛いから

 ぴんぴんコロリと逝けるように頑張っているのです。


 癌の手遅れに、ならない為には健康診断をする事が大切だと

 思って居ます。




応援よろしくお願いします。 


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
[PR]

# by torai219f | 2015-05-30 23:53 | Comments(0)