親切心が仇に・本当に恐かった!   

昨日の午後の事ですが親切心が仇に成った感じで

 本当に恐い思いをしました。

 用事が出来、外出する為、何時も利用しているバス停での出来事です。

 そのバス停の所にはベンチが有り、バス待ちの人が座っています。

 でも昨日はバス停を遠目で見た時ベンチも空いていたし

 人も見えなかったので乗る人も、いないと思いながら

 停留所に行ったのです。

 するとベンチから2m位離れた植え込みの前に60過ぎに見える男性が

 リュックを背負ったまま正座をしていたのです。

 何か変と思ったので

 声を掛けようか、それとも見ないふりをしていようか正直言って迷いました。

 でも冷たいコンクリの上に座っている事は何処か体調が悪くなって、しまったのか

 それとも何処か痛めてしまったのかと気に成っていました

 そして思い切って声を掛けました。

 「そこに座っていて冷たく無いですか?」と

 すると、その男性は「今、役所に投票(不在投票)行って来た」と言うなり

 一瞬の間に立ち上がり、私のすぐ前に来ました。

 そして凄まじい剣幕で食ってかかって来たのです。

 その時の私は首でも絞められるかと思うほど恐かったのと

 完全に逃げ場を失いました。

 平日はこの場所にはタクシーが常駐しているのですが昨日は土曜日なので

 タクシーはいませんでした。

 この場所は人通りも少ないし思い出しても恐いです

 そして私に投票日には行かないで役所に行かないとダメだとか

 学校へ投票に行くなとか、意味不明な事を大声で喋りまくる。

 時々冷静に成りバスが来ないねと言ったかと思うと又、熱り立つのです。

 内容は分かりませんが、どうやら政治に不満が有るような感じでした。

 私は相手の様子を見ながら後退りをしていました。

 見知らぬ人は私と喧嘩をしているように見えたと思います。

 私が横を向いた時、少し前を中年の女性が見えたら

 「お姉さん、お姉さん」と呼びながら追い掛けたのですが、その女性は

 上手くf逃げる事が出来ました。

 私は、その男性が,いなくなった、すきに少し身を隠しバスが来たので

 乗りましたが、その人も乗りました。

 そして、今度は運転手さんに話し掛けていましたが、その時は普通に話していました

 
 この話を友人に、したら私の親切は度が過ぎると言われ

 声を掛けない方が良いよと言われました。

 そして何時も言われる事は線路に人が落ちたからと言って

 助けようなんて思って飛び降りないでよと言われるのです。

 それって友人と出掛け電車待ちの時に線路を覗き、ここは下に潜れるね

 と、よく言うからなのです

 でも咄嗟の事故は考える間もなく行動に走ってしまうと思うのです。

 自分の身の安全なんて考えてないですよね。

 特に私の場合は。

 先日、老人を助ける為に命を落とされた女性がいましたが

 私にも、有り得る事かなと思いましたね。
  

 でも今回の事で思ったのは、こんな状態から殺人なんて事も

 起こり得るのだと友人の言うように親切心も、程々に、しないと

 ダメですね。

 でも見て見ないふりも心が痛むし、どうしたら良いのでしょうね。

 警察と言うのも時と場合ですものね。




応援よろしくお願いします


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村 
 

 









 
[PR]

by torai219f | 2012-12-09 22:52

<< 私の人生はずれくじ・年末ジャン... 自然の力には抵抗出来ない恐さ・ >>